治療のスタートライン

【治療のスタートライン】

いろいろな病気のペットが連れて来られます。

そしてそのペットを連れてきた飼い主さんに聞きます。

「この子はなんでこんな状況になっているんですか?」
「なんで癌になっているんですか?」
「なんで慢性腎不全になっているんですか?」

飼い主さんは言います。

「わかりません」と。

不思議な会話だと思いませんか?

例えば…

「なんで、今あなたの財布の中に1000円しか入っていないんですか?」
とか、
「なんで、今日はその服装なんですか?」
とか、
「なんで、その髪型にしたの?」
とかの質問であれば、

答えとして、
「さっき1万円使ってさ~」とか、
「今日はデートだから~」とか、
「面接があるから…」
とかの返事が出来るのに、

「なんで、その犬猫はそんな状態なの?」

と聞かれると、

「わかりません」となっちゃう。

これって、変ですよね。

答えは簡単なのに…

「わたしがその状態にしたから」ただそれだけなのに。
簡単なこと。

でも、多くの人は「自分がその状態にした」ことを認めない。
認めたくない。

でも、単純に考えたらわかる。

粘土を三角形にすれば、三角形になり、丸にすれば丸になる。
それと一緒。

なんで今あなたの粘土は三角形になってるの?

丸になってるの?

どんな形にしたかったの?

なんでかわからなければ、まず素直になり、聴く!

頑張らない。

周りの人や、目の前の動物に聴く。

何よりも自分自身に聴いてください。

“ 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 ”とはよく言ったものですな( *´艸`)

「師匠!!どうしても三角になっちゃうんです~。俺、バカみたいなんで、教えてください!」

「じゃ~、もっとこうして手のひらを丸めて、角をひとつひとつ取っていってみようか~」

「あ、どんどん、丸になってきました~♡」 ただそれだけ。

まず、「今の自分の状況を認め、受け入れる」こと。 それがスタートライン。

 

f:id:sakuraitatsunori:20190713103354j:plain





★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

サニーズアニマルクリニック札幌院

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。


 

サニーズアニマルクリニック