ウサギの食事管理②

 

うさぎは草食動物なので、基本的に草をあげます。
その草は、いろいろな草をあげるといいです。

よく、市販で、チモシーや、ペレット状になっているアルファルファなどが売っていますが、 うさぎはチモシーとアルファルファだけで生きているわけではないので、他の草もあげましょう(^^)

特に春には春の、夏には夏の…と言う風に季節の食材に注目することは大切なことです。

みなさんも聞いたことはあると思いますが、季節の食材と言うのは、「ビタミン」、「ミネラル」などの栄養素が最も効率よく含まれていますし、植物性の食材に多く含まれるという「情報量」という基準で考えても欠かすことのできないものになりますね~

特に春は身の回りにたくさんの植物性食材が豊富に生えている季節です。

無料で栄養価が抜群な食材が手に入り、超効率よくデトックス&栄養補給が出来る季節ですので、いろいろな身の回りの食材を試してみてください(^^)

そのうち、代表的なものを画像で撮ってありますので参考にしてみてください。

前回は、フキでしたが、今回は「ヨモギ」と「笹の新芽」です。

特に笹に関しては、大きい葉っぱの方は基本的には食べないですが、「新芽」の部分は食べるという盲点的な食材であり、他のフキや、ハコベ、クローバーなどの食べ過ぎるとどうしてもお腹の調子が崩れてくる…といった食材と合わせることで、お腹の調子を最大限フォローできるものでもあります。

ぜひ、ご活用くださいね( *´艸`)

あ…農薬とか除草剤とかには注意するのと、笹薮に入ったときにマダニを家にたくさん持ってこないように気を付けて(*ノωノ)

 

f:id:sakuraitatsunori:20190528091602j:plain

今日のうちのウサギと子どもたち

笹の葉もあるので、日よけなどに小屋の中に入れます。

今の季節は暑いですから、小屋の中の殺菌効果も狙って、笹を敷き材にしたりすると良いですね(^^)

ハムスターを飼っている人にも笹の敷き材はお勧めですね~(^^)

ハリネズミなどに関しては、針の間が汚れ、それによっていろいろな疾患が引き起こされることが多いので、砂やおがくずなどの細かく針の間に入ってしまうような敷き材より、笹のようなものがベストですね(*'▽')♪

ウサギの診察もしています。

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

サニーズアニマルクリニック札幌院

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。


 

サニーズアニマルクリニック