犬のてんかんに対する日本の状況

Sunny's Animal Clinicでは抗てんかん薬はめったなことが無ければ使わない。

嫌味に聞こえるかもしれないが、食事療法で治ってしまうから、使う必要もないし、副作用のことを考えるとなるべく使いたくないと思っています。

ですが、一般的に多くの病院で行われている治療の現状は以下↓に示すようなものである。

末尾に資料も貼り付けておくので興味があれば(^^)

概要はここに書きますが。。。

■犬のてんかんにおける考え方
(Sunnyの考えとは違いますが、一般論を載せます)

■ ①てんかんの管理において、根本原因を治療することが可能ならばその治療を行うが、それに加え、AEDs※1も必要不可欠であると思われる。

※1 「AEDs」とは、「抗てんかん薬」のこと

なぜか…

②臨床の現場では「特発性※2てんかん」という「原因不明なてんかん」という診断がつく子が一番多く、一般的であるからである。

※2「特発性」とは、「原因わからず…(すいません)」という用語を医学用語としてかっこよく言った用語である。

③であるから、犬の発作の根治はしばしば達成できない。

そのうえで、現実的なゴールを設定するのであれば、抗てんかん薬の副作用をなるべく抑えて、てんかん発作の頻度を減少させることが目的となる。

④だがしかし、いまだに「犬におけるAEDsの選択に関するエビデンスに基づいたガイドラインは存在しない」という状態である。
ケースバイケースで処方は行われる。

⑤今まででいろいろなAEDsが作られ、使われている。
各薬剤の副作用に関しては文章に書いてあるので、参考にしてもらいたい。
たくさんありますので気合を入れて読んでみてください。

薬剤名を獣医師に聴き、読んでみてください。

特に日本で多く使われている薬剤を1つ(ゾニサミド)紹介します。

【ゾニサミド】
ⅰ 商品名は「コン〇ーブ」「エグゼ〇ラン」

ⅱ 日本外での使用はほとんどない。
2つの研究によりゾニサミドは評価されたが、 今のところそれだけでは「エビデンス不足※」という状況
※エビデンスとは;証拠とか、根拠、理由とかの意味。
なので、エビデンス不足とは、「根拠が不足している」ということ。

ⅲ 副作用…食欲不振、嘔吐、胃出血、運動障害、肝毒性、腎毒性、 貧血、白血球減少、免疫抑制、皮膚炎、アルブミン減少

⑥AEDs治療ののちに薬を飲まなくても良くなる率は15%~30%である

■Sunnyの意見■
今、治療法を議論する際に欠如しているのが「何が原因なのか?」ということだと思います。
水道管の破裂でもそうだし、自転車のパンクもそうですが、水道管のどこから水が漏れているのか、自転車のチューブのどこから空気が漏れているのか…
はたまた、その水道管や自転車のチューブの材質や、劣化状態、使用頻度、使用場所などを考えなければ、破裂や、パンクは終わらない。

ですから、犬のてんかんを治療しようとするときに
「なんでてんかんが起きているのか?」
「てんかんの原因は何なんだ?」
という議論が少ない気がします。

上記の内容は主に「犬のてんかん」と調べていくときに出てくる内容です
(特に信頼性のあるわかりやすい資料は下部に載せておきます)。

基本的に、抗てんかん薬(AEDs)を投与することが前提になるし、議論の的と言えば、「投与方法をどうするか」ということ。

大事なのはわかりますが、そもそも、原因を治療し、治してしまえば抗てんかん薬の投与方法なんて考えなくてもよくなりますよね?

実際、Sunny's Animal Clinicの患者さんで抗てんかん薬を使用する患者さんは一人もいないという現状を見ていると…

多くの獣医現場での治療や、そこでの獣医師それぞれの努力や考察を疑ってしまいます。

各専門家の治療法を飼い主さんが選び、やっているのでそこにとやかく言うものではないのはわかっているのですが…

Sunnyさんは言いたがりなので( *´艸`)

たしかに、てんかんの「根本治療」は難しいです。

しかし、それは獣医師の努力と、飼い主の努力で必ず成功するものです。

今一度、行っているてんかん治療を見直してもらいたいと切に思います。

5月17日の講座・『てんかんを抱える犬猫と飼い主のためのてんかんの根本治療法
犬と猫の飼い主のためのSunny's College(札幌院)でさらに詳しくお話しします。

 

sakuraitatsunori.hatenadiary.com

 

エグゼグラン
https://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00050122.pdf


コンセーブ
http://www.maff.go.jp/nval/tenpubunsyo/pdf/konsebu.pdf

ヨーロッパにおける⽝のてんかんの薬物療法

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。


 

サニーズアニマルクリニック