犬猫の便秘の治療法

特に猫の便秘に悩んでいる飼い主さんを多く見かける。
「高齢だから…」
「腎不全だから…」
「この子の性質だから…」
いろいろ言われてきたと思うが、とりあえず忘れてほしい。
そして、試してほしい。

以前、僕も治療法が分からず、大分困っていた。
とろとろの液を飲ませたり、脂肪分を多くとらせたり、スーパーフードを与えてみたり、指で便を掻きだしなんとかその場を過ごしたり…
いろいろ試したが…
特に猫は大きく変わらなかった。

「便秘」という症状と治療法

「便秘」と言う症状は、便が出づらく、出すときにも力んで痛そうにしていたり、トイレに何回も行ったり来たりする症状がみられてようやく見つかるもの。

自分自身の便秘症状を思い出してみたらよくわかるよね、女性は特に多いからわかりやすい。

便秘を治す治療法は「ファスティング」いわゆる「絶食」が効く。
だって、単純に考えて、うんちが出にくくなっているのに、なぜ、口からさらに入れるのか。

その子の体が「出ないです!!!」って言っているのに、「入れる」という治療法をしている自分の思考回路を改めて再認識してほしい。

とろとろの液や、便を滑りやすくする甘い液体を動物病院で処方されて飲んでいる人がほとんどだと思う。

最初のうちはそれでも大丈夫だが、そのうち効かなくなる。

もしくは糖尿病や、腸炎、肥満や癌などの別の病気になる。

特に猫で「便秘」が多い。
それは猫という動物の体質から考えてもわかる。

猫は『インスリン抵抗性』という栄養分をゆ~~~っくり吸収する体質を持っている。

だから、他の動物に比べて腹もちが良い、もしくは、たくさん食べても消化できない体質を持っている。

これは、肉食動物の特性ともいえる。
肉食になればなるほどこの傾向は強い。

逆に肉食動物が許容範囲以上の食事を摂ると、様々な病気になるし、超わかりやすい症状としては「1日1回以上の排便」という病態となる。

要するに食べても吸収できないものは出ちゃってるだけ。
その際には必要なものも一緒に出るから、少しずつ少しずつ栄養不良になっていいくよね。

具体的に合えば、尿石や、肥満がその代表的な病気。

健康な猫は3~4日に1回くらいの排便回数だからね。

1日に1回猫が排便するということは、消化不良であり、病気であり、大きな病気予備軍ってことね。

よく、「猫は絶食が向いてない」っていう情報を信じている人もいると思うけど、僕はそれを聞くと失笑する。

肝臓の解毒酵素が少ないって?
だから、絶食しないとダメなんだよ。

情報が入っているのに、自分で考えてないから、「自分の理解」に結びついてないという現象は「情報通」の飼い主にみられる病態だね( *´艸`)♪

情報化社会は怖いね~
飼い主が「黒ひげ危機一髪」みたいになってんのよね~。。。

で、絶食をするとどんなことが腸の中で起こるかと言うと、腸絨毛の退縮が起こる。

「腸絨毛の退縮」って?…
腸絨毛、つまり腸の中の超細かいひだひだがあって、例えるなら、絨毯のモサモサの部分を内側にしてクルッて筒状にした状態が普通の腸。

あのモサモサが腸絨毛。
それが退縮する。
つまり、無くなる。

クルってした絨毯の内側のモサモサがツルツルになる。

そうするとどうなると思います?
滑り落ちるよね。

絨毯のモサモサに引っかかっていたご飯粒とか、チン毛とか、うまい棒のカスとか、全部滑り落ちてくでしょ~。

それが「便秘」の治療として有効ですね~。
ちなみに、それが意識高い系の女子がやっている
「宿便を出す」とかいうときにやっていることね。

みんな、ファスティング~とか言ってるでしょ。

その病理組織写真は載せときますね
(『血液と健康の知恵 地湧社 千島喜久男著』)

「便秘の対象療法」としてまず
「ファスティング・絶食」
は大事だってことですね~。

 

いろんな情報があるけど、飼い主が黒ひげさんにならないようにね(*'▽')

猫の便秘の治し方

猫の便秘の治し方




 

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

 

サニーズアニマルクリニック