犬猫の体温を上昇させて病気を治す…その前に。

【体温を上昇させて病気を治す…その前に。】

皆さん、動物病院に行ったら、身体検査を受けますよね~
その時に体温を測りますよね~

今はいろいろな体温計が発売されていて、一番スタンダードは肛門から測るやつ。
あんまり使えない耳から測るやつ、目から測るやつ、皮膚から測るやつというものが一般的にあります。

耳からと、目からなどが使えない理由は
「体温が正確に測れないから」です。

体温は測りたいのに、正確に測れないなら、使えないでしょ~

まぁ、いろいろ買って試したらいいですよ。
予算に余裕があればね。

今のナウい動物病院の主流になりつつあるのは耳かな?
なぜ使えないのに耳で測るものや、目で測るものが出回るの?

その理由は
「ペットが体温測定される姿をみていて、もちゃもちゃ動いたり嫌がったりしないから」

まぁ、要するに、飼い主ウケを狙っただけ。

飼い主は体温計の数字を見るわけでもないし、それが正確に測れなくても何も関心がないからね~

身体検査はより正確な数字や状態を把握するために一番大事な精密検査なので、体温測定は『肛門』から測るタイプのものを使った方がいいし、そのものの『測り方』が重要になってきますね~
(獣医師でこの記事を見てる人いたら明日からやってみてね♪)

そもそも自分とか息子、娘の体温測定は家でやり、体温計も家にあるのにペットのは無いのは不思議。。。
所詮、人間の価値観だよね~。

で、体温測定の道具は写真に載せときますが、それを参考にしてください。
どれを選ぶかは自由だし、動物病院に行ってどんなものをどのように使っているか見てみること、使い方を聞いてみることはしたらいいよね~。

ペットの体温計



体温測定と言うのは、正確に言うと、「深部体温」を測っています。

深部体温っていうのは、体の深部の体温。
深いところの体温ね。

例えていうなら、肉まんだったら、中身の温度、地球だったらマントルの温度、車だったら、エンジンルームの深いところの温度みたいなもの。
要するに表面と、奥の温度には劇的な差があるし、表面の温度はコロコロ変わるし、すぐ変化するのであんまり『その子の体温』というふうに評価できない。

見た目、草食系、中身は狼みたいに…

その人を間違って評価してしまったらヤケドしまっせ~♪
みたいなもん。

じゃあ、そんな奥の、深部の体温って測れんの?って思うじゃん?
うん、頑張って測るの。

だって、その数字が欲しいからね。
…嫌がる動物には無理にやらないでね。
身体検査からある程度体温は推測できるから、その子に合ったやり方でね。

 

ペットの体温測定の大事なポイント

大事なポイントは
「思ったより奥まで」と、
「ある程度長い時間待機」ということ。

小型犬(普通のチワワ、トイプードルくらい)であれば肛門から約6センチくらい。
中型であれば9センチ、大型であれば15センチ以上くらい。

体温計を肛門から「す~~~」っと突っ込む。
そんくらい突っ込まないと、わからんよ。

一般的には小型犬なら入れても2センチくらいしか入れないけど、それは時間の無駄。
身体検査してるふりだね。

体温計をいれて体温測定をしている待機時間は最低でも30秒。
ピッピ!ピッピ!何度も入れている状態を維持しながら、測り続ける。

体温計の感度もあるから、そのくらい入れておかないと、測りきれないよね。

 

犬猫の体温の目安

食事や、生活環境がその子に合っている場合、健全な体になるので体温は38度後半~39度前半。
健全でなければ、38度台前半以下。

食事や生活環境が整っていないのに体温が39度以上っていうのは、
「体内での炎症(火事)が起きている」と考えたらいい。

低体温であるのならば、循環不全。

循環不全を起こすのはいろいろな組み合わせだけど、一般的には心臓か、肺(血管内の血液を押す力など)、筋肉、自律神経バランス。体温測定だけで、いろいろなことがわかる。

逆に「体温が下がっている」とわからないと
「なぜ体温が下がっているのか」
「体温を下げている原因は何か」
「どこを治療したらいいのか」が分からない。

その治療法として、食事、特に生食、玄米(古代種に限る)であれば赤米、黒米、電磁波対策、アーシング、周波数カット、天日塩、洗濯洗剤改善、筑後樟脳、半身浴などごまんと方法はあるが…

その子に合ったものでないと意味はない。

「どのようにその子に合わせるか?」
それは…
「身体検査でわかる」

だから、身体検査はきちんとやんないとダメ。

ましてや、誰でもできる体温測定ならなおさらやって。

で、きちんとやってくれない獣医さんならやめた方がいい。。。

それこそ、獣医師の皮をかぶった狼かもしれないから。

…獣医師の肛門から体温計をいれたらわかるのかな(笑)?

 

ペットの体温計

 

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

 

サニーズアニマルクリニック