「飼い主からうつる、ペットの病気・感染症」~2019年5月17日金曜日・札幌院開催講座

【飼い主からうつる、ペットの病気】

飼い主からうつるペットの感染症

ペットから感染する病気はある程度、知っていますよね?
狂犬病だったり、トキソだったり、回虫だったり…

「飼い主からペットにうつる病気」
がそれ以上にたくさんあることを知っている飼い主さんは非常に少ないのが現状です。

ペットの病気に注目して治療していてもなかなか治らないペットの病気ありますよね。

皮膚炎、ホルモン疾患、関節炎、ヘルニア、癌…
それらは飼い主からの感染症が原因で起こっている可能性があります。

「ペットの病気」だけではなく、「ペットの飼い主からうつる感染症」を学ぶことで、病気の予防が出来たり、治療が出来たりします。

今回はそこら辺をお勉強して、
「家族全体の健康」
を考えてみませんか?

 

 

 

【ペットの病気の発生源はどこにあるのか?】

皆さんは、ペットの病気がどこから来たとお考えですか?

野生動物からのウィルス?
薬剤?添加物?近所の犬?

いろいろな可能性が考えられますよね~

それらすべての可能性をしらみつぶしに調べ、手当たり次第に治療して行ったり、安全なものを取り入れていったり…

そんなことできないですよね~
いくら飼い主のあなたが体力があり、お金があり、年齢も若く、トリリンガル以上だったとしても、不可能ですよね~

ペットの病気の原因がどこから来ているのか、ある程度範囲を狭めて原因を探していかなければなりません。


そう考えた時にどこから発生している可能性が一番高いか…


それは、多くの場合「家の中」ですよね。

多くの人が、動物の病気の予防と言ってワクチンを使用し、家の外からの感染症を防ごうとしています。
しかし、それはどれほど効果があることなのでしょうか?
普通に考えてペットの暮らしている時間も空間も多くが家の中であるのならば、家の中にある感染源を特定しなければいけませんよね~

簡単に言えば、部屋の中でハエを見つけて、ハエたたきで退治しますよね~。
そのハエがどんどん増えてくる。
そんな時、何も疑問に思わずハエを殺し続けますか?
それ、ただのピエロですよね~
ハエに踊らされたピエロ~( *´艸`)

ハエはどこから発生しているのかを探しますよね?
ごみ箱?お勝手?部屋の隅?自分の頭?

意外と気づかないところからハエがわいてることありますよね~
意外と早い段階から。。。

意外と気づかない、家の中のペットの病気の発生源をお伝えします(^^)♪

 

 

【この講座に参加すると…】

☆「飼い主からペットにうつる病気」がどんなものか、わかります。
☆家の中でのペットの感染源がわかり、家庭でできる病気予防ヒントになります。
☆ご希望の方はデモンストレーション診察を受けられます(先着1名)

 

 



【講座内容】

① 座学;

プロジェクターを使った「うつる原理」解説

② 実際の例 

デモンストレーション診察
ご希望の方1名様に限り、会場でペットの診断をさせていただきます
(約30分:身体検査料金や診断書料金、カウンセリング料金はいただきません)。
病気の診断でお困りの方はご連絡ください。
その際は動物一匹を連れてきてください。
デモンストレーション的な診察になりますので、参加者の前で診察されるのが恥ずかしい方はご遠慮くださいね~( *´艸`)

③質問・相談・ティータイム

【講師】

サニーズアニマルクリニック院長
獣医師 櫻井Sunny辰徳 先生

 

【お客様の声】

「動物と暮らす全ての飼い主さんに聞いて頂きたいです」

【 ●●が治らないほんとの原因はなに? 】

程度の差こそあれ、『ウチの子の病気を治したい!』というのは飼い主さん共通の願いではないでしょうか?
ではなぜその願いが叶わないのでしょう。

病理や食事の知識不足?
努力不足?
愛情不足?
資金不足?
薬に依存しすぎているから?

いえいえ、それらの前にもっとしっかり見直すポイントがあるのです。

桜井先生(別名Sunny先生)は、今一生懸命それを私たち一般の飼い主にシェアしてくださっています。
飼い主がそれを理解すれば、動物も楽になるから。

つい先日、私も『それ』を猛烈に体感する出来事がありました。


愛犬:ある食材が原因で結構な脂肪便が出る

 ↓

私:時を同じくして、私が1週間の休暇に入る。
愛犬:断食して翌日から食事内容を見直す。

 ↓

私:自宅で仕事をしながら、進級試験の勉強も同時進行で一日中机にへばりついている。
愛犬:脂肪便がこれまた結構な粘膜便にかわり、軟便状態が続く。

 ↓

私:休暇前に抱えていたギリッギリのキワッキワの仕事にいよいよデスフラグが立ち、まさに般若の形相でキーボードをたたきまくり、関係各所に電話をかけまくり、一方で「私の試験勉強は・・・。」という不安を抱えたまま夜中に布団に入るという、出勤する以上に過酷な在宅ワークの日々。
休暇ってなに。
愛犬:レメディを取らせると一瞬改善するが、ゆっくりと下痢が悪化していく。

※勘の良い方はそろそろお気づきでしょう 
 ↓

愛犬:下痢が10日間ほど続いているせいで、体重も落ちてもともと緩慢な動きがさらにスローに。
私:休暇後なんとか進級試験を終え、天の計らいとしか思えないタイミングで櫻井先生の講義(診察)に向かう

 ↓

私:櫻井先生に下痢の原因と経緯を泣きながら(嘘)説明。
「私さんが会社に行けばすぐ治る」と鼻で笑われ二人で爆笑w
(私の心中は台風なみの暴風雨)
愛犬:翌日、私が会社に出勤。帰宅すると、それはそれは見目麗しいウンチ子さんがコロンとトイレに鎮座してました。
その後、下痢の再発はなく元気にごはんを催促する平常運転に戻っております。
 

飼い主のバイブスが一つ屋根の下一緒に暮らす動物に、いかに大きな影響を与えているか、ということが顕著にわかる良い例かと思います。

動物と暮らす全ての飼い主さんに、櫻井先生のお話を聞いて頂きたいです。

  

【日時】

2019年5月17日金曜日
10:00~12:00

【会場】

Sunny's Animal Clinic 札幌院
札幌市中央区南12条西14丁目1-32
ファミル山鼻102

 

【参加者定員数】

限定8名

 

 

【参加費】

7,560円
(税込)
事前にお振込みをお願いしています。
振込先は、お申込みいただいた方にお知らせします。

【お申込み方法】

sunny's animal clinic札幌院へご連絡ください(^^)

ws.formzu.net

mail sap@sakuraitasunori.com

TEL 080-1887-8479