犬・猫のてんかん・けいれんの原因と治療法

【犬・猫のてんかん・けいれんの原因と治療法】

てんかんの治療として抗てんかん薬を飲んでいる方多いですよね。

医者や、獣医さんにどう説明されたか知りませんが、多くの方が受けている説明は…

てんかん発生の閾値を上昇させ、てんかん発生頻度を減少させる」
とか、
「てんかんを起こすような神経の伝達をコントロールする」
とか、
「てんかんは治る病気じゃないから…抗てんかん薬を…」
と言われて、飲んでいますよね?

実はあまりよく知らずに飲んでいる抗てんかん薬について説明しますね~

いくつか身近で起きている事柄を例にして説明すると…

[おじいちゃんおばあちゃんの介護生活を例にとって~]

おじいちゃんおばあちゃんの認知症から出てくる攻撃性で困っている人いますよね?
例えば、いきなり暴言を吐いてきたり、いきなりフォークで刺そうとしてきたり…
それに対して、睡眠薬や、精神安定剤を投与し、意識もうろうにさせるとか、強制的になさせちゃうとかが、抗てんかん薬の作用になります。
わかります?
意味ないしょ~。

[子どもの夜泣きと親の対応を例にとって~]

子ども生まれて、いままで子育てしたことないお母さんたち。
全然旦那さんからの協力を受けれないお母さん。
近くにおばあちゃんなどいなく一人で悩み続けているお母さんが、こどもの夜泣きを止めるために子どもに睡眠薬飲ませて強制的に泣きやませたり、精神安定剤飲ませて殺して、夜泣きをストップさせたりしてますよね。
これが抗てんかん薬の作用になります。
わかります?
意味ないし、きついよね~。

[台所の生ごみの匂い問題を例にとって~]

生活していたら生ごみ出ますよね。
溜まってきたら匂いしますよね~
夏だったらコバエがわいてきますよね~そのコバエを見て、
「あ、そろそろ生ごみヤバいな~」
って思って片付けたりしますよね。
そんなとき、コバエが見えないように目隠しをしてコバエは見えなくします。
そして、鼻にティッシュを詰めてしまえば、生ごみの匂いもコバエも、あなたにはわからなくなりますよね~
それが抗てんかん剤の作用になります。

超、対症療法過ぎて笑える…よね。
要するに、抗てんかん薬は、神経の活動を鈍感にして、廃人(廃犬、廃猫)みたいにして、てんかん発作と言う神経伝達異常の変化を見えないようにする作用ですね~

素晴らしいですよね~
昔から「知らぬが仏」って言葉があるから、それはそれでいいよね~

でもね…
てんかん、発作が起こっているのは、何かの原因があってのことなのはわかりますよね。
だから、てんかん、発作の原因を治療すれば、てんかん、発作は治りますよね。

普通。。。
Sunny’s Animal Clinicではてんかん、発作はみんな治っているので、言っちゃいますが…
てんかん、発作は普通に治りますよ。
てんかん、発作を治したいなら、普通に、治しませんか?
もしくは、「知らぬが仏」治療を続けますか~( *´艸`)

ウケる♪

治療法は、電磁波対策、食事療法がメインです。
生き物の細胞っていうのはそもそも細胞一個一個にアンテナみたいなもの(IMP)を持っているので電磁波はきついんですよね~。
勝手に受信しちゃうからね~
電磁波と聞くと、
「本当に?」
とか、
「逃げられない」
とか、
「宗教だな…」
っていう人いますけど、
基本的に電磁波が神経細胞のシュワン細胞に強く影響していることは有名だし、
発がん性、てんかん、精神疾患などさまざまな病気を細胞レベルで引き起こす可能性なんて有名すぎる話。

世界各国で研究がされて、10年くらい前に、WHOが電磁波の害を発表して、アメリカ、フランスやドイツ、スイス、インド、イスラエルなど少なくとも8カ国は電磁波を浴びる量を減らすためのガイドラインを発表しています。
ベルギーとフランス、イスラエルは子ども向けの携帯電話の販売を禁止したり、子どもをターゲットにした携帯電話の宣伝を禁止したりしています。
アメリカ小児科学会は
「子供は小さな大人ではなく、体の大きさのわりに携帯電話の電磁波を含むあらゆる環境からの影響を非常に強く受ける」
といっちゃったりして、電磁波規制を厳しくすることを訴えてきてますよね~

動物なんて、もっとちっちゃいですけど( *´艸`)

もう10年くらい前からいわれていることだから、そんなこともう常識ですけど…
そういう情報なんて今の世の中、死ぬほど転がっている。

良い時代だね~
情報を利用しててんかん、発作なんて治しちゃえばいいのに~って思っちゃうよね~
かわいそうに~( ;∀;)

もう一回言いますよ。
てんかん、発作は普通に治ります。

てんかん、発作を治したいなら、普通に、治しませんか?
もしくは、「知らぬが仏」治療を続けますか~( *´艸`)

ウケる♪

 

犬猫のてんかんの原因と治療方法

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

 

サニーズアニマルクリニック