ペットの皮膚病(赤い、痒い、脱毛、フケなど)の治療

【皮膚病(赤い、痒い、脱毛、フケなど)の治療】

皮膚病にかかっているペットは多いですね。
アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、ワクチンによる副作用など様々ありますね~

まず、抗生剤入りシャンプーとか、皮膚炎によく使われる抗生剤とかが他の病気を引き起こします。
トータル的にデメリットが大きいので使うこと自体、時代遅れと言うか、知識不足と言うか…
センスがないことだとわかっている人が多いのでそんなことはいいですよね。

それに付け加えて、アクリル、ポリエステルやナイロンなどの3大合成繊維で作られた犬用、猫用の洋服が皮膚炎をおこすのも有名だし
普段使っている洗剤の中の「香料」が皮膚炎をおこすことも普通の知識になってきましたよね~

その他、ワクチンも有名ですね~
ワクチンなんかは、皮膚炎だけで済めばラッキーだけどね~

意外に知らないというか、「認めない」のが、食べ物の影響や、生活環境の変化などの影響が皮膚に出るということ。
それらの変化をいち早く表してくれる臓器として「皮膚」があります。
その皮膚の症状の原因を考えないことは「予防・治療を無視」したことになりますので、そういうかわいそうなことはしないようにお願いします~。

他の臓器もそうですが、皮膚に何かしらの症状が出て来たら、食事や、生活環境の改善が必要ということです。
生活環境というのは主に「飼い主の状態」です。

特に飼い主とペットとのコミュニケーションに不具合が起きているときに皮膚炎が起こります。

ステロイドをあげることで食事がおいしくなったり、食事の改善に役だったり、やさしいコミュニケーションが出来たりもしないし、抗生剤を使うことで飼い主自身のイライラが治まったりするわけではないので、、、
(治まるんだったらいいね♪)
そんなものを投与しても、その皮膚病は治らないよね。
わかりますよね?

病気による、「症状」は動物たちからのメッセージです。
それが人間の言う「言葉」になります。
その言葉を読みとけなければ、コミュニケーションの不一致が起きます。
普通だよね。

なので、その原因を読み解くことが出来ないというのは極論
「その子からの言葉、意味不明~」
って言い続けてるようなもの。

飼い主の皆さんも経験したことありますよね。
自分の話していることが伝わらない、聞いてもらえない、わかってもらえない…

そんな時に受けるストレスは並大抵のことではないし、人間ならその場から逃げてカフェでお茶出来るし、海行って思いっきり叫べるし、違う人に愚痴も聞いてもらえる。

だけど、ペットたちはそんな最悪な状況から逃げることは出来ない。
逃がしてくれないし、散歩も連れてってくれないし、24時間のうち20時間以上家の中でいさせられる。
軟禁状態。
最悪ですよね~
僕だったら、死や、脱走を選ぶ。

そんな状況に動物たちを置いていることにも気づかず、ペット飼ってくれている飼い主さんには少しでもそんな動物たちのことを逆の立場で想像してもらって
少しでも「幸せな時間」を多くとれるようにしてもらいたいと切に願います。。。

これを読んで
「そりゃ、皮膚炎にもなるわな…ごめんな」
って頭撫でてあげてほしいし、抱きしめてほしいし、より家族で幸せになってもらいたいですね~

ペットの皮膚病の治療サニーズアニマルクリニック


 

 

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら↓
【旭川本院・札幌分院】
☎0166-73-8931

【横浜分院】↓
Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス

 
立野へ予約お願いします。

 

【日本全国往診治療】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com


旭川本院へ直接ご相談ください。
sac@sakuraitatsunori.com

ssl.form-mailer.jp

☎0166-73-8931

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。
治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

 

サニーズアニマルクリニック