本当にペットのクッシング…かわいそう

【本当にクッシング…かわいそう】

本当に問い合わせが多いのでまた書いちゃいます。

クッシング症候群という病態に対してしている皆さんの治療は対症療法です。
アドレスタン?
ケトコナゾール?
下垂体に放射線?
それやっても治りませんから~
だって治ってないしょ~
それが現実。
それが何よりの証拠でしょ~

それらの処方を決めているのは獣医師の偉い先生方。
その方々が書いたお薬の処方本を僕らは読んでいろいろな病気に対応しています。

どんな仕事にもありますよね。
説明書やマニュアル。
医師や獣医師も同じ。
そのクッシング症候群のお薬の処方本の最後に書いてあるものを写真で載せておきます。
…獣医師だったら気づきますよね、いまみんな読んでるやつ、石田卓ちゃんのVol1。

写真見てみて~

f:id:sakuraitatsunori:20190111080812j:plain

写真見ました???

じゃあ、何のために治療するの!?ってなりません???

獣医師は悪の本丸?
社会に動かされている?
動物業界が何もかも悪い?


違います。
ただただ僕ら獣医師はそう教えてもらってきたんです。
大学でも。
社会人になっても。
経験を積んでいった学会でも。

「いかに飼い主をなだめるか、丸め込むか」を主眼に置きますから('◇')ゞ

この三個目の文章とかやばいよね~
だから、そう教わっていない、そう固められていない一般人の飼い主が獣医師に気づかせてあげないといかんのです。

ま、まずは目の前で苦しんでいる子の病気治してからね('◇')ゞ
治して連れてってあげたらいいよ、今の病院に( *´艸`)

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

 

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら


【旭川本院・札幌院】
sakuraitatsunori.hatenadiary.com

0166-73-8931

 

【横浜院】

Facebookメッセンジャーにて タバタバ オール ザ トリミングス

https://www.facebook.com/タバタバオールザトリミングス-221723387939126


立野へ予約お願いします。

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

 

f:id:sakuraitatsunori:20181016101924j:plain