胃薬は犬猫の万病のもと

【胃薬は万病のもと】

胃薬として処方される薬のなかで、副作用が分かりづらいがゆえに慢性病の原因になりやすい薬は「吐き気止め」と言われている薬です。

いわゆる胃酸抑制剤である。
その他、胃粘膜保護剤に含まれる成分の脳に対する影響や、ピロリ菌除去に使われる抗生剤がどれだけ他の臓器に対して害があるかは有名な話なので、とりあえずほっておいて( *´艸`)
もっと、初歩的な話を1つ・・・。

犬猫の消化の過程

犬猫の場合、食べ物の消化はまず胃で行われ、その消化の程度により、次は小腸、次は大腸というふうに順を追って流れていく。
まぁ、川の流れがずっと続いて最終的に海に流れ着くように、食べ物の消化の流れもどこかで途切れることはないですね、当然ですが。

川であれば、上流の方で何かが起こればそれは海に行きつくまで影響しますよね。
当然。 で、それは「ドミノ倒し」によく例えられますが、一つ目のドミノが倒れれば次のドミノ、また次のドミノと倒れていく。
逆に一つ目のドミノが倒れなければ2つ目にドミノすら倒れない。
当然でしょうね~。


それは消化の場合も同じ。
消化の場合の一番最初のドミノはさっきも言ったように、『胃』です。
胃での消化の一番大事な要素である『胃酸』が出ないようにしたらどうなるかわかりますよね。
胃のドミノは倒れない。
よって、胃でも、小腸でも、大腸でも消化吸収は起きない。
当然ですよね~。
よって、他の臓器にも栄養はいかない。
特に血液を造血したり、免疫力を生み出している根本の臓器の腸管もダメになっちゃう。
怖いですね~。

病気の処方薬で栄養吸収障害になり、病気を作っていたら、病院の経営的には助かるかもしれないけど、動物は助からないね~本末転倒( ;∀;)

そんな怖い副作用がある「胃酸抑制剤」を多くの獣医師は処方しています。
この「胃酸抑制作用の副作用」も知らずにね~。

あ、僕も昔はそうでしたからね~
「とりあえず、吐き気止め打っとくからね~」って言いながら( *´艸`)

いやだいやだ。
人間の医療でも「2人に1人が胃酸減少症」と言う人すらいるので、大分その知識は世の中に出てきたと思います。

犬猫の世界も同じもしくは…もっと多い。。。
実際に胃酸減少症の治療をしていてほぼみんな当てはまる。
品種改良もさんざんだからだと思うけど、特にプードルとか、ヨーキー、シュナ、コッカー、パグ、フレブルはやばいくらい胃酸減少症ね。
ということで、あまり気易く「胃薬」もらわないように~( *´艸`)

f:id:sakuraitatsunori:20190104224744j:plain


 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

 

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら


【旭川本院・札幌院】
sakuraitatsunori.hatenadiary.com

0166-73-8931

 

【横浜院】

Facebookメッセンジャーにて タバタバ オール ザ トリミングス

https://www.facebook.com/タバタバオールザトリミングス-221723387939126


立野へ予約お願いします。

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

 

f:id:sakuraitatsunori:20181016101924j:plain