犬種別サポート

【犬種別サポート】

よく知られていることですが…
犬の犬種というものはさまざまあります。
いろいろな歴史がそれらを作ってきた結果、起こりやすい病気の傾向が出てきています。
メキシコ人は楽観的で、日本人は島国根性、アメリカ人は…みたいなもんです。

それぞれの与えられた環境で性格や内臓、食性が変わるのと一緒で、それによって生じる病気も偏りというか、色が出てきます。
例えば、 ヨーキーは心臓と腎臓が、 パグは腸の病気と皮膚が、 コッカーは心臓が、 ボーダーは脾臓、肝臓が、 トイプーは血液が、 ゴールデンは心臓、股関節、 シーズーは皮膚、心臓が、 ダックスは腰、目、 バセンジーは腎臓が、、、 などなどいろいろなことが分かっています。
そのことは、動物を飼ううえで非常に役に立つ知識です。
なぜなら、そうなりやすいというのであれば、そのサポートをしていけば、病気が予防できるからです。

ここで誤解をしてはいけないことは…、
「パグだから皮膚病になってもしょうがないから、うまく付き合っていこう」とか、「ヨーキーだから腎臓悪くなってもしょうがないよね」とか、
「ゴールデンだから股関節は悪くなるもんだよ~しょうがない」という言葉に騙されないこと。

この言葉は、こうも置き換えられます。
「あなたは人間だから、二足歩行だから腰が痛くなってもしょうがないから、そのままでいこう」
「あなたは女性だから、乳癌になってもしょうがない。そんなもんだよ~」
「あなたは人間なんだから、難病になって苦しんであたりまえ。しょうがない」
ちがうよね。。。
だまされないようにね~( ;∀;)

みなさんが大好きな科学的根拠によってそれらの「犬種特異性」が分かったのであれば…
その知識をきちんと利用し健康な生活が送れるように、幸せに生きれるようにしていきましょう(*ノωノ)

写真は「臓器セラピー」より

臓器セラピー腎臓

 

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

 

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら


【旭川本院・札幌分院】
sakuraitatsunori.hatenadiary.com

0166-73-8931

 

【横浜分院】

Facebookメッセンジャーにて タバタバ オール ザ トリミングス

https://www.facebook.com/タバタバオールザトリミングス-221723387939126



立野へ予約お願いします。

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。