猫の膀胱炎、尿石症の治し方

【猫の膀胱炎、尿石症の治し方】

膀胱炎や尿石に悩んでいる方多いですよね~。

尿石、尿結晶ともに食事をキャットフードをやめることや、トッピングをレア肉や、フリーズドライにすることで簡単に治ってしまいますし、食事の基本的な作り方を知ってしまえばもう一生尿石には悩まされなくなります。

あ、ちなみに動物病院で療法食と言われるPHコン〇ロールや、c/dとかいうものは、おしっこの状態が変化し、尿結晶や尿石が改善したとしても、他の病気、例えば心臓病や腸炎、肥満病、高コレステロールなどを引き起こすので、病気の治療としては本末転倒なのですが…。
そんなこと、療法食の原材料みればわかると思いますが。
このことは極端に言うと
「脳炎」にならないように「脳を切除」しましょう!
と言っているようなもの。

「尿石にならないように尿石も作れないような栄養価の低いご飯をあげましょう」とやっているだけなので、結果は見えちゃいますよね~。

まぁ、でもそんなことはいろいろな人が分かってきていることなので、あえてここでは書きません。

猫の尿石、膀胱炎はものすごく簡単だと思って、楽していましたが…

あるパターンは非常に難航します。
そのパターンは「大腸への負担が重度な場合」です。

大腸に重度に負担がかかっている場合の症状、もしくは負担をかける原因は…

【症状】
「便秘」  
「頻回便(1日4回以上)」  
「粘膜便(便にトロッとしたものが付いてる)」  
「直腸脱」  
「皮膚炎(範囲が広ければ広いほど、やっかい)」  
「短頭猫」  
「タバコ」  
「柔軟剤の匂い(香害)」  
「飼い主の心配性」 などです。

これらが慢性的に重なっている場合、猫の膀胱炎や尿石症の治療は難航します。

なので…
これらのことが慢性的にある状態の猫ちゃんを診察に連れてくる場合、心してきてください。

責任をもってサポートしますが…
きちんと途中であきらめず、ついてくるようにお願いします( *´艸`)

それと同時に、膀胱炎、尿結石などに悩んでいる方は、あまり悪化させないようにお願いします(*ノωノ)

f:id:sakuraitatsunori:20181203174354j:plain

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

 

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら


【旭川本院・札幌分院】
sakuraitatsunori.hatenadiary.com

0166-73-8931

 

【横浜分院】

Facebookメッセンジャーにて タバタバ オール ザ トリミングス

https://www.facebook.com/タバタバオールザトリミングス-221723387939126



立野へ予約お願いします。

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。