ペットの感染症の原因

【感染症の原因】

「うちの子が感染症になったら心配だわ」
「感染症にかからないようにワクチンを打たなきゃ」
「感染症にならないように外には出しちゃダメ」

そう思ったことありますか?

まず、「感染症」というものについて学び、きちんとした対処策を選択できるようになることが大切かなと思います(^^)
例えば、有名どころの感染症と言えば、インフルエンザ。 このみんながよく知っているインフルエンザの原因は何ですか?と聞かれたら何と答えますか?
多くの人は、 「インフルエンザウィルスです!!」 そう答えますよね。
それは間違いです。
なぜかというと、例えばインフルエンザにかかって電車に乗った人がいるとします。
そしてそこでコホンコホンとウィルスをばら撒いていたとします。
おばあちゃんが。
もし、インフルエンザという病気の原因がインフルエンザウィルスであれば、その車内にいる人は100%感染しますよね?
しかし、現実はどうでしょう。
感染して重症化してしまう人もいれば、軽症の人も、はたまた全くかからない人もいます。
ということは、その場にインフルエンザウィルスが充満しているにもかかわらず症状が出ない人もいるのであれば、インフルエンザを発症させる原因は他にあるということになりますよね?
わかりますか(*ノωノ)?
それはその人の免疫状態です。
免疫状態を悪くするご飯や、環境、仕事などにまみれていれば、インフルエンザが発症してしまうんです。
たくさんの研究の結果や、ニュースや雑誌で言われているように、より菌やウィルスがたくさんいるところ、例えば、牛舎や、動物園、遊び場であるほどそこにいた人の免疫力は上昇することなんて常識化していますので、そこら辺はすっ飛ばして、話しますが…

今ペットショップや動物病院でよく言われる
「~か月齢まで外に出さないで」
「ワクチン打ち終わるまで出さないで」
っていう言葉に騙されないでくださいね( *´艸`)
そんなことしたら逆に免疫力下がりますから。
かわいい動物、愛するペットの動物たちであれば、まず「逆に考えて自分だったら…」と考えてあげてください。。。

自分が子どものころ、ずっと外遊びをさせてもらえず、家の中だけで幼少期を過ごしていたら…あなたはどうなっていましたか???
感染症になることを心配するなら、どうか、愛する家族であるペットたちのご飯のことや、生活の仕方や、コミュニケーションを学び、そこに愛情を注いであげてください。

ペット保険や、ワクチンに投資するのではなくね( *´艸`)💓

今の動物業界は「情報」であふれています。
それは良いことでもあり、とても怖いことです。
情報を見つけることも、隠すこともできる。

飼い主さんたちは、そんな業界に足を突っ込んでいるという自覚をもって動物たちと幸せに過ごしてくださいね(*ノωノ)

f:id:sakuraitatsunori:20181202121145j:plain

 

★★★sunny's Animal clinicはその子の種類、性格、体質、病気、臓器の状態に合わせた食事や環境を提案し、その子の病気の完治をサポートをします。

 

★★★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら
【旭川本院・札幌分院】

sakuraitatsunori.hatenadiary.com

TEL:0166-73-8931

 

【横浜分院】

Facebookメッセンジャーにて タバタバ オール ザ トリミングス 

www.facebook.com


立野へ予約お願いします。

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。