猫の慢性腎不全の治し方

【慢性腎不全の治し方】

猫の慢性腎不全に悩まされている患者さんは多いです。
しかし、その中でも本当に慢性腎不全の子はそんなに多くないです。
ただの誤診という名の、気のせいです。
飼い主の方々は、血液検査結果の「尿素窒素(BUN)」の数字を見せて僕にこう言います。

≪飼い主さん≫
「腎臓が悪いんです、うちの子。。。」
「腎臓という臓器は元に戻らないから、もうあきらめるしかないですか?」
「腎臓が悪くて、腎臓の治療を受けているんですが、全くよくならないんです」
「徐々に痩せていって…療法食も食べないで。。。」

≪Sunny≫
「尿素窒素(BUN)は腎臓の数値ではないので、それを見てもわからないです。
他の数値や身体検査からして、この子は腎臓悪くないですよ。
だから、諦めるもなにも…最初から悪くないんじゃないですか?」

診察室で、獣医学の教科書を開き、腎臓の評価方法を確認してもらいます。

f:id:sakuraitatsunori:20181106162015j:plain


≪飼い主さん≫
「本当ですか?????????????…パニック」
≪Sunny≫
「腎臓の指標にするのは「クレアチニン(Cre)」です。
本当です。
尿素窒素(BUN)だけでは、何の役にも立ちませんよ~。
臨床的にも、きちんと腎臓の治療をしていくと元気な子ほど尿素窒素(BUN)が上がっていき、クレアチニンが下がっていきます。
逆に言うと、尿素窒素(BUN)が正常範囲より高くないと、健康じゃないってことです」

腎臓が悪くないのに、腎臓の治療をされてれば、そりゃ治らないし、少しづつ弱っていくだけ。
定期的に点滴して、水分いれれば誰だっていくらか元気になるんです。
人間だったら、二日酔いで点滴したらすぐ治るのと一緒。
皮下補液ですら腎臓の治療ではなく、ただの水分補給です。

そして、よく処方されている「活性炭」。
あれも毎日飲んでたらダメね。

腎臓の治療は、一番は食事。
ポイントは「塩」と「水分」と「脂質」と「蛋白質」 ペットフード、療法食などに入っていない「天日塩」や「岩塩」、「食材の中に入っている水分」、加熱処理されていない良質な「脂質」や「蛋白質」 をほんの少しでも食事として与えることが出来れば、みるみるうちに慢性腎不全は完治へ進んでいきます。

19歳や20歳で来院する猫ちゃんも少なくないですが、そんな子たちもどんどん若返り、しまいには発情すらする始末。。。
化け猫だね~

「これらって、ペットフードや療法食に入ってないの?」
って?
「…入ってません!!!残念!!!」
ということで、 お金とペットの命の無駄遣いはほどほどに。

かわいそうだから( ;∀;)

★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

  

★Sunny's Animal Clinic旭川本院

★Sunny's Animal Clinic札幌院

0166-73-8931

 

★Sunny's Animal Clinic横浜院

Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス
立野へ予約お願いします。

f:id:sakuraitatsunori:20181016101924j:plain