上手な動物病院の選び方③~予防編~

【上手な動物病院の選び方①~③】

①診察室でのやり取り編
http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/.../10/16/102142

②診察室での会話編
http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/.../10/19/085442

③予防編
http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/.../10/19/090130

 

【上手な動物病院の選び方③~予防編~】

「どんな動物病院を選んだらいいんですか???」
と良く聞かれますので、Sunnyなりの価値観で書かせてもらいます。

良いところはたくさんあるので、「これはいかんな~」と思う減点ポイントを書かせてもらいます。
以下の(1)~(3)の会話がなんの疑問もなく繰り広げられるところには僕の飼っている子たちは 連れていきません。

(1)【ワクチン接種を1年に1回行うことを当たり前にしている病院】

解説;世界小動物獣医師会のワクチンの打ち方説明書にさ えもスタンダードは3年に1度となっています。
10年 以上前からワクチンの持続期間が8年や9年あるという文献は発表されており、それらの情報も考慮されて、妥協案で3年に1度になっているだけ。
そもそも、人の世界でもワクチンを打たれることでのデメリットがこんなにも社会問題になっているの に、それを毎年&小さい体の子たちに打ち続けるのは…
ちょっと意味がわかんないですね。。。

 

(2)【猫を絶対に外に出したらダメと言われた場合】

解説;感染症や、外猫とのかかわりの中で考えられるデメリットはあると思います。 しかし、普通に考えてほしい。
あなたは「感染症にかからないために一生、家から出てはいけません!!」って言われたらどう思います?

重度な感染 症にならなかったとしても、虚弱体質になり、様々な病気に負けやすくなり、精神的にも病んでくる…    
そうなるに決まってますよね(*_*;
そんなことを証明 するのに文献だの、科学的根拠だの必要ですか( *´艸`)?

(3)【去勢、避妊をする際にデメリットをきちんと説明してくれなかったとき】

解説;生後6か月で多くの子が行う去勢、避妊手術。
物事はなんでもメリットとデメリットがあって、メリットが上回る場合その行動を選択すると思います。

≪メリット≫
・切除する箇所の腫瘍や異常を無くすこと
(よく伝えられるのが避妊なら子宮蓄膿症、去勢なら精巣がんや前立腺肥大など)
・飼い主自身が制御できない行動を制御すること                 
など

≪デメリット≫
・骨肉腫の増加
・甲状腺機能低下症の増加
・ワクチンアナフィラキシー反応の増加
・前立腺がんの増加
・肥満
・認知症の増加                 
など まだまだ分かっていないことはたくさんあり、手術をしたこと、しないことでその他の変化を感じている飼い主さんは多くいらっしゃると思います。
それらすべてを含め、手術するかどうかを決めたらいいとは思います。
自分が親となり、パートナーとなる動物に対してどのようなことを提供し、接していき、どこをサポートしたらいいのかをわかっている必要があるので、例えば、去勢手術をした子であれば、上記のデメリットがあるならそこをサポートする食事や環境を考えていかないとかわいそうだよね~と思っています(*ノωノ)

なんにせよ… 家族として、パートナーとして『コミュニケーション』を大切にしていきたいですね( *´艸`) 

f:id:sakuraitatsunori:20181019085927j:plain

 

 

 

★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

  

★Sunny's Animal Clinic旭川本院

★Sunny's Animal Clinic札幌院

0166-73-8931

 

★Sunny's Animal Clinic横浜院

Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス
立野へ予約お願いします。

f:id:sakuraitatsunori:20181016101924j:plain