上手な動物病院の選び方②~診察室での会話編~

【上手な動物病院の選び方①~③】

①診察室でのやり取り編
http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/.../10/16/102142

②診察室での会話編
http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/.../10/19/085442

③予防編
http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/.../10/19/090130

 

【上手な動物病院の選び方②~診察室での会話編~】

①に引き続き、②を書かせてもらいます~

「どんな動物病院を選んだらいいんですか???」 と良く聞かれますので、Sunnyなりの価値観で書かせてもらいます。
良いところはたくさんあるので、
「これはいかんな~」と思う減点ポイントを書かせてもらいます。
以下の(1)~(3)の会話がなんの疑問もなく繰り広げられるところには僕の飼っている子たちは連れていきません。

(1)【初診の身体検査が5分以内に終わる】

解説;基本的に考えて、その子の状態は身体検査でほぼ 100%わかってしまいます。
なぜなら、体の内側に ある臓器の不調や、性格は常に外に表現されるからです。
身体検査でどうしてもわからないことや、デ ータとして取っておきたい項目のみ被毛検査や、超音波検査をするということで、「精密検査」という。
ですから、すぐに検査検査と言っている場合、その獣医さんは
「私は身体検査ではあまりこの子の状態は把握できないので、機械に教えてもらいますね~♡」と言っていることになりますね。

 

(2)【健康な動物の正常体温が『38度台』と言ったとき】

解説;人間もそうですが、平均体温は1度低下しています。
それと並行して、ガンや生活習慣病などの病気が増えています。
それは動物も一緒。
Sunnyが診察していて明らかに38度4分以下の動物たちは循環がよ
ろしくない。体全体に問題があるので、そこをスルーしてもらいたくないですね(^^)

(3)【1日2回以上、うんちをしているのに、それを『正常 の回数』と言った場合】

解説;その動物のご飯が、その子の体に合っている場合、犬なら1~2日に1回の頻度※1になります。    
それ以上は多い。
すなわち、消化吸収できないもの が多い食べ物を食べているということ。
猫の場合、3~4日に1回のウンチになります。    

動物の正常な状態をはき違えるということは、いつまでたってもその正常には近づかないということを意味します…
怖い怖い…
どこに向かわせるつもりでしょうね~  
※1 玄米・菜食寄りの食をしている犬を除く    

うんちが出来る図を載せときます。
見てわかるように、出てくる量が多いということは、 その子の体が吸収していないことを意味しています。
何のために食べているんだか。。。

 

f:id:sakuraitatsunori:20181019085416j:plain

 

 

 

 

食事が変われば、病気は変わる。
健康の根本である食事を、改めて見つめなおしませんか(^^)?

そんな動物が喜ぶ「しあわせなおいしい食事」を作りたい方はこちらへ

sakuraitatsunori.hatenadiary.com

 

★Sunny's Animal Clinicの診察へのお問い合わせはこちら

病気の電話での相談や、メールのみでの相談はお受けしておりませんのでご了承ください。 治療や、診察内容に関してはお電話でご説明させていただきます。

  

★Sunny's Animal Clinic旭川本院

★Sunny's Animal Clinic札幌院

0166-73-8931

 

★Sunny's Animal Clinic横浜院

Facebookメッセンジャーにて
タバタバ オール ザ トリミングス
立野へ予約お願いします。

f:id:sakuraitatsunori:20181016101924j:plain