旭川で開業する動物病院「Sunny's Animal Clinic」物件探し、スタート!

1月8日

今日から3日間、旭川での物件探し、スタート

先輩方から「物件は足で探せ!!」と。
いうわけで、不動産会社にまず相談せず、感覚に任せ、歩きます。

まず、バスで龍谷高校のバス停へ。

旭川市 動物病院 自然療法 犬 猫 食事療法 ごはん


なるべく、新居から近い豊岡や東光かな~。。。
結構、歩くと疲れる。
晴れで良かった。

f:id:sakuraitatsunori:20180110220602j:plain


久しぶりの長時間の歩行。
歩き始めてから2時間、左の足の裏が痛い。
3時間、右の股関節が痛い。

セイコーマートでお水を飲みながら、地図を広げる。なぜ水かって?
奥さんからいただいお恵みが、よくよく考えたら、滞在中に足らなくなる可能性を感じたのです。

いろいろ歩いて、思うこと、、、

「天気が良くてよかったな~」

「やっぱ、歩くことって大事だよな~」

「あ、この家、いいかも~あ、人が住んでる~。
お、往診車停まってる。
おじいちゃんかな?おばあちゃんかな?
今どんな会話がされているんだろう。」

「雪ってまぶしいな~」

「子供歩いてる~寒くなさそう」

「あ、あっちは何はあるんだろ?
あ、学校か~この学校の校庭は広いな~」

「味噌工場から水出てる。」

「遠くで煙見えるな~どこの煙だろ?」

「この道、さっきの道だな、、、案外、進んでないもんだな」

「ここのそば屋、何年やってんだろ~どんなきっかけでそば屋始めたんだろ。」

「いろんな店があるもんだ」

「旭川空港線から見える大雪山、山、きれいだな~あっちは東川か~」

「北海道のセイコーマートのイートインコーナー、これ、救いだな。
絶妙なところにある。セイコーマートは永遠なり」

「そろそろ、運命の出会いとかあるかな~出ておいで~」

なんてことをぼそぼそ声に出しながら、とぼとぼ歩きました。

そんなところで、あ、ここは興味あり!!

「ビック」って書いてある~

さぁ電話( *´艸`)

f:id:sakuraitatsunori:20180110220656j:plain

ここはっと、、、豊岡4条8丁目か~

f:id:sakuraitatsunori:20180110220729j:plain


ご縁で、ビックさん(不動産屋)に車で迎えに来ていただき、暖かいところでほかの物件資料も見せていただいた。

気に入るものを、また明日、内覧させていただこうかしら。

今日の股関節の痛みは気持ちいいものになっていた。

夕ご飯、お金ないな。松屋の牛丼の特盛。500円。


1月9日

徒歩なので、ビックさんのご厚意により、ホテルへの送り迎え。

有り難い。

「歩くの大事」とか言っときながら、それは時と場合による。

TPO!!

この物件、面白い。びびび~。
ここは、東光5条2丁目。

f:id:sakuraitatsunori:20180110220756j:plain


この物件がもっている想いがびびび。

ここの物件は写真でもわかるように、パン屋さんだった。

まさに僕とこの瞬間に「ボンジュール」

その言葉がよく似合う。

このパン屋さんのおじちゃんおばちゃんがオーナーさんだった。
今はオーナーさんではないが。

18年間続いたパン屋さん。アンドーナツがおいしかったという情報を旭川の友達の佐々木さんから。
食べてみたいな~。

この感じ、何か感じる。

f:id:sakuraitatsunori:20180110220830j:plain

ここでおいしいパンが作られていたこと、ここで、おじちゃんやおばちゃんが働いていたこと、その場に、今僕がいること。

これは、うれしい。
わくわくする。

f:id:sakuraitatsunori:20180110220908j:plain

奥の休憩部屋で、しばしの休憩をしている姿や、そこについている小さなお風呂の意味、、、

何もないのに、あたたかく、何もないのに、うれしい。

パン屋さんの人生とつながっている。

つながっていることを感じさせてもらえた。

ありがたいです。

もう今日は、お腹いっぱいだな。そう思った。

昨日の夜、僕の奥さんは、物件資料をみて、この物件を第一希望にした。

僕は違う物件を。

つくづく、奥さんには頭が上がらない。

奥さん、上さん、神さんですわ~。

ということで、今日はこの出会いに乾杯!!ということで、、、

旭川で一番好きなラーメン屋「蜂谷」へ。

お金?そんなものはどうにでもなる。

f:id:sakuraitatsunori:20180110221024j:plain

やはりここなんです。僕は。

f:id:sakuraitatsunori:20180110221128j:plain

やはりこれなんです、僕は。

何度も、蜂谷のマスターと、目があいながら、蜂谷のマスターの人生を妄想しながら、一口一口いただくこの時に、「いただきます」のラブレターを蜂谷さんに送ります。

出逢いに感謝します。